いろいろな「群れ」を表す表現

ブログ豆知識 2018.9.11

LINEで送る

こんにちは。

今日は集団を表現する時の定番の英語表現について取り上げてみようと思います。

 

よく聞くのは

a school of fish (魚の群れ)

でしょうか?私はこのフレーズを最初に聞いた時、

メダカの学校を連想したので、すぐに覚えられました(^^;)

 

他には・・・

a crowded of people(人の群れ・群衆)

a flock of birds(鳥の群れ)

a herd of animals(動物の群れ)

 

では、ここで問題です。

下の( )には、どんな単語が入るでしょうか?

a( )of wolves(オオカミの群れ)

 

答えは、a pack of wolves(オオカミの群れ)です。

数年前、映画の「トワイライト」が流行していた時、

youtube上にこのpackという単語を使った関連動画がたくさんあがっていました。

・・・「トワイライト」ご存知でしょうか?(^^;)

吸血鬼と狼男と女の子の恋愛物語なんですが。。

主演俳優ロバート・パティンソンとテイラー・ロートナーが大人気で

Team Edward(ロバート・パティンソン率いる吸血鬼チーム)と

Team Jacob(テイラー・ロートナー率いる狼男チーム)と

あなたはどっち派?と世の女の子たちを2分して魅了するほどの大人気映画でした♪

 お知らせ一覧はこちら

(0465)42-9501 無料体験お申込み・お問い合わせ