平成から令和へ~国民の休日、英語で何て言う?

豆知識 2019.4.22

LINEで送る

Hello everyone!

前回の記事では、
国民の休日を
英語でご紹介しました。

今日は、
今年しかない
特別な休日の言い方を
ご紹介したいと思います。

Here we go!

まずは、5月1日ですね。

この日は「即位の日」となります。

これを英語で表すと、

The coronation Day of the New Emperor

となります。

“coronation”は、「戴冠(式)」のこと。
日本の天皇の「即位(式)」にも用います。

※画像はwikipediaより。

************

続きまして、10月22日です。

この日は「即位の礼」が行われ、
日本では祝日となります。

この「即位の礼」を英語で表すと、

The core enthronement ceremony

となります。

“enthronement”「就任」「即位」の意味です。
ただ、会社などで社長に就任するという
意味合いでは使いません。

“throne”「王位」「玉座」のこと。

これに、
動作を表す“en-“という接頭辞をつけて
動詞のenthroneは、
「王位に就かせる」
「司教の座に就かせる」の意味になり、
王族や司教に使われる言葉になります。

************

最後に豆知識です。

祝日と祝日の間を休みにして
連休にするとき、
「国民の休日」というお休みがあります。

これは、“People’s Holiday”と言います。

また、「振替休日」
“substitute holiday”です。

学校の担任の先生の代わりに
授業をしてくれる交代の先生を
“substitute teacher”と言ったりしますね!

うんちくの続く記事に
お付き合いくださり、
ありがとうございました!

 

楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。

***********************************

メイプルでは、無料体験、随時受付中です。

 

お電話・メールなどで
お気軽にお問い合わせください♪

 

TEL:0465-42-9501
MAIL:mea.kamonomiya@gmail.com

 

あるいは、コチラをクリック!

 

 

 お知らせ一覧はこちら

(0465)42-9501 無料体験お申込み・お問い合わせ