生卵を食べる文化、日本とそうでない文化

ブログ 2018.9.08

LINEで送る

Hello there!!

最近、トンボをみかけるようになりました。

まだまだ暑い日が続きますが、秋の香りを感じるように

なってきましたね。

 

本日は、朝ご飯にスクランブルエッグを食べようと思い

調理していたときふと思い出した経験を綴ります。

昔、イギリスのロンドンに住みはじめた頃、ふと不思議な光景を目にしました。

卵の保存方法ですが、普段私たちの生活では卵は冷蔵庫で保管をすると思います。

しかし、向こうでは卵を外で保管していたのです。しかも常温!!!

大丈夫?

ご飯にかけて食べることが出来るの??

 

と質問をしたところ、何を言ってるの?と驚いた顔で返答がきました。

海外では卵を生で食べる文化がないようで、生で食べるのは新鮮な状態で管理をしている日本の文化の特徴のようです。

海外では卵を生で食べる=食中毒になるという認識でいます。(常温で保存しているとサルモネラ菌が間違いなく繁殖

してしまいますので)

 

普段当たり前と思っている日常生活でも一歩外に飛び出してみると非常識と捉えられてしまう

ことがたくさんあります。

 

是非皆さんも異文化に触れ、まだまだ知らない世界を感じてみましょう!!!

Let’s try!

 

Maple English Academy鴨宮教室

 

 お知らせ一覧はこちら

(0465)42-9501 無料体験お申込み・お問い合わせ