英語が話せると友達が増える?

ブログ 2019.1.21

LINEで送る

Hello everyone!

先日の記事で、
インターネット上の情報量の
実に54%が英語に寄るもので、
日本語はわずか3.4%だという
英語習得に対する情報格差について
話題にしました。

→記事はコチラです。

 

今日のお題は

英語が話せると友達が増えるの?

です。

 

もちろん答えは、
そりゃそうでしょうーとなりそうですが、
その差が、またもや大きいのであります。

今日はそのことについて
詳しくみていきましょう。

****************

世界の人口は約75億人。

そのうち、英語を話す人口は約15億人です。

※英語ネイティブだけでなく、
第2言語として英語を話す人口を含みます。

 

つまり、英語が話せると、
世界の5人のうち1人とは、
コミュニケーションが可能なのですね。

 

日本語はどうでしょう。

日本語を話す人口はサバを読んで
約1.5億人としても、
世界を舞台にすると、
日本語が通じるのは50人のうち1人です。

 

1クラス50人いたとして、
そのうち日本人は自分だけ。

1クラスの中では
誰ともお話できないのですね。

隣のクラスに日本語が
通じる子が1人いるかな?

といった確率です。

 

かたや、英語が話せれば、
1クラスの中で
話ができるのは実に10人。

隣のクラスをあわせると20人です。

英語が話せると、
友達ができる確率は20倍!

****************

実際、私の仲良しの外国の友達は
1人が韓国人で、
もう1人はロシア人です。

2人とも英語はネイティブではありません。

私は韓国語もロシア語も話せません。
彼女たちも日本語は話せません。

でも、私たちはお互いに
第2言語として
英語を習得していたからこそ、
こうして出会って親友になったのです。

 

英語は世界への扉を開けてくれる
私たちの心強い味方です。

メイプルで一緒に
生きた英語を学んでいきましょう!

 

 お知らせ一覧はこちら

(0465)42-9501 無料体験お申込み・お問い合わせ