「成人の日」って、英語で何ていう?

豆知識 2019.1.14

LINEで送る

Hello everyone!

今日は成人の日ですね。

「成人の日」は英語で
“Coming-of-Age Day”と言います。

振り袖・袴に身を包んだ男女が集う、成人式。

自治体などが主催して新成人をお祝いする
セレモニーですが、
アメリカではどうなのかな?

ということで、

ロバート先生に聞いてみました!

“We don’t just usually have that kind of a ceremony.”
(そういう感じの「式」はたいていナイなぁ~。)

だそうです。

では、アメリカではどんな風にお祝いするの?

これも、特にないそうですが、
16歳、18歳、21歳という年齢が
アメリカではちょっとした節目の年と
言われているそうですよ。

特に女の子は
“Sweet Sixteen”と言って、
16歳の誕生日を盛大に
お祝いすることが多いのだとか。

高校卒業、大学卒業などの
節目にお祝いをすることも多いそうです。

また、アメリカでは
18歳からは選挙権が与えられ、
飲酒が許可されるのが
21歳だそうです。

なるほど、そういう意味で、
18歳と21歳が節目の年というのも
頷けますね!

 

 お知らせ一覧はこちら

(0465)42-9501 無料体験お申込み・お問い合わせ