Be careful of heatstroke!

ブログ 2020.7.14

LINEで送る

Hello everyone!

夏らしい暑さが連日続き、アウトドアを楽しみたくなる季節の到来ですね。今年の夏はコロナウィルスの関係で、海外・国内共に旅行等を控える方々も多いかと思います。

しかしながら、もし体調を崩した時などに英語で何て言ったらいいのでしょうか(^_^;)

今回は意外に身近な「熱中症」に関連するフレーズを中心に、夏に起きやすい体調不良のフレーズをご紹介します。いざという時のための準備をしておきましょう。

 

熱中症」は、英語でheatstroke(ヒートストローク)と言います。Heat(熱)+Stroke(発作)ということで、気温が高い環境で体に熱がたまり起きる発作症状だということがわかります。

I think I got heatstroke.(熱中症になったかも)

I think I have heatstroke.(熱中症みたい)

 

よく起きる熱中症の症状は英語で次のように言います。

・吐き気:sick(シック) / nauseous(ノーシャス)
・頭痛:headache(ヘッデイク)
・めまい:dizzy(ディズィ)
・だるい:dull(ダル)

I got headache and dizzy.(頭痛でめまいがする)

 

熱中症対策では、こまめな水分・塩分補給や、帽子や日傘を使う事などが上げられますね。そちらの表現も見てみましょう。

Drink water frequently.(こまめに水を飲もう)

Watch your salt intake.(塩分補給に気を付けよう)

Wear a hat to protect yourself from heat. (日除けのために帽子をかぶろう)

Use a parasol outside. (外では日傘をさそう)

 

そして体調が悪そうな人がいたら、

Are you OK? や Here is some water. や Take care.

と声をかけてあげてくださいね(*^o^*)

ちなみに、日射病sunstroke(サンストローク)といいます。

 

それでは暑い夏を元気に乗り切りましょう!

See you!

 

 お知らせ一覧はこちら

(0465)42-9501 無料体験お申込み・お問い合わせ